FC2ブログ
構造計算と耐震診断技術者のブログ
耐震診断・構造計算の知識と技術者の日常について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉歯氏の間違った選択
●最近の意匠屋さんから良く聞く言葉

意匠屋 「田中さん。ここの納まり、なんとか、こんな感じに出来ませんか?」

私 「ん~、本当は、前の納めの方が構造的には良いんですが。うん。でも大丈夫でしょう」

意匠屋 「あの~断っておきますが、プレッシャーじゃぁないですからね・・・」

私 「あははは・・・はぁ~ぁ。」


と、こんな毎日ですが、今日もガンバっていってみましょう。





●姉歯氏のいいわけ

ご存じのように先日、証人喚問がありまして、久々に現れた構造設計者の姉歯氏。意外と元気そうでしたね。有る意味吹っ切れた感もあり、素直に質疑応答していたように感じました。



姉歯氏

「始まりはプレッシャーをかけられ、1級建築士の誇りもあり、そういうことはできないと思っていた。9割以上木村建設絡みの仕事を請け負っていたので、仕事を断るということは収入が限りなくゼロになる。そこで葛藤した。本来は絶対にやってはいけないとわかりつつ弱い自分がいた。」


どうもテレビ等では黒幕を作りたいのか、姉歯氏に同情的な番組構成になっている感じがする時があります。


私は構造事務所に勤めていた10年間に、やはりそれなりのプレッシャーを受けた事があります。限度はあるにせよ、おそらくほとんどの構造屋さんは経験があると思います。

こんなプレッシャーを回避するには2つ方法があります。

1.仕事自体を断る。
2.意匠設計者を説得する。


設計事務所に勤めている立場の時は仕事を断るという権限がありませんので、あとは意匠設計者を説得するしか選択肢がありません。しかし、姉歯氏のように自分で設計事務所を経営していれば、仕事を断る選択肢もあった訳です。



●その時私はどうしたか?

まずは当然、意匠設計担当者を説得する所からはじめます。なぜ構造的に難しいか、工学的立場から根拠などを含め説明します。また構造設計は絶対的なものではないから、無理はなるべくしないほうがいい事も伝えます。

でも向こうもそう簡単には引き下がりません。他の構造屋さんは出来たとか、法律が色々変わってるにも関わらず、以前は出来たとか、技術的な話以外の内容で、言葉を変えてプレッシャーをかけてきます。

私の場合、自分が構造的に難しいと思う理由をちゃんと説明して、それに対して工学的な反論でなく、ただ威圧的に変更を要求してくるばあい、もはや技術的な話は通用しないと判断し、力技で説得するしかなくなります。

例えば、今までの構造トラブルを実例をあげて、意匠の方に逆にプレッシャーをかけていきます。つまり構造で無理をする事のリスクを具体的に伝える作業です。

最近はネットなどで欠陥住宅やトラブル、裁判の事例等が結構公開されていますので、そういうのを良く頭にいれておく必要があります。そして少し大げさに言う訳です。

これでもダメな場合は、机をバーンと一発たたいてェ「出来ないって言ってるだろーがぁ!」・・・・すみません。今のはちょっと妄想でした。そんな事を言う度胸はありません。

他にも色々やり方はありますが、これって建築の技術的な話でなくて、まさに人間力というか、交渉術というか。そういう話です。


さて、今現在はと言うと、私は独り立ちしましたので、仕事を断る事ができますが、実はあまり仕事を断る事はありません。なぜなら、上記で説明したような極端に無理をいう意匠設計者を最初から営業の対象から外しているからです。

やはり、危険な設計は、人の手で作られますので、とにかく一緒に仕事をする方の技術力と人柄をよく見て「この人は危険だな」と思ったら、おつき合いしない。これが一番安全です。




●間違った選択

姉歯氏の話にもどします。

彼の言葉にこんな表現があります。
「(木村建設の)仕事を断るということは収入が限りなくゼロになる」

まずこの考えがどうかしてます。別の会社に営業すればいいだけでは?なんで木村建設からだけしか仕事がもらえないのでしょう?もし技術力はあるけど、営業力がないという事なら、経営はあきらめてサラリーマンに戻ればいいでしょう。資格もあるし技術者なんですから戻れます。

偽造をしなくても収入を得る方法はあったはずです。つまり彼には、収入を得るための手段として、

・意匠設計者をあらゆる手段を使って説得する
・他の会社に営業して仕事を受注する
・サラリーマンに戻る
・計算書を偽造する

この中から、偽造を選択しただけです。偽造をする事でどれだけ自分にとっても一般消費者にとってもリスクのある事か。

なぜ他人に迷惑をかけてお金を稼ぐ事を選択するのか。他にもお金を稼ぐ方法があったのに。




最後に、私がたまに友人に話す言葉を紹介します。

「お金を稼ぐには2つ方法がある。一つは人に喜ばれ感謝され、そのお礼としてお金を貰う方法。そしてもうひとつは、人を苦しめ悲しませて、お金を手に入れる方法。私たちがどちらを選ぶべきかは悩む余地はないよね。」


あたり前の事ですが、技術者としてと言うよりも人として、そんな当たり前の事を忘れずにいたいものです。


スポンサーサイト

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

構造計算すらしていない建物
色々賑わしている構造計算偽造問題ですが・・・
偽造以前の問題として、構造計算すらしていない建物がありますよね?

たとえば、あなたの家。

木造2階建てなら構造計算は、ほぼしてないと思います。壁量計算はしていますが、それは構造計算とは言いません。


構造計算が必要な建物とは・・・

・木造の建築物で3以上の階数を有し、又は延べ面積が500㎡、高さが13メートル若しくは軒の高さが9メートルを超えるもの
・木造以外の建築物で2以上の階数を有し、又は延べ面積が200㎡を超えるもの


という事でつまり、一般の戸建て木造住宅は3階建てか、あるいは500㎡を超えなければ構造計算の必要がありません。たぶんほとんどの戸建住宅は構造計算が不要な範囲に納まります。

さて、では何故一般の住宅は構造計算を行わないのでしょうか?業務に追われる中、がんばって少し調べてみました。

結果、わかりませんでした・・・・・(無駄骨

なので私の予想を書いてみます。間違ってるかもしれませんので、そのつもりで読んでください。(誰か知っていたら教えてくださいっ)



予想1
小規模住宅をたくさん、早く作らなければいけなかったから?
住宅と経済は密接な関係があります。日本はご存じのようにすごいスピードで経済成長を成し遂げました。そんな時代に、業界はスクラップ&ビルドを合い言葉に?決して性能が良いとは言えない建物をたくさん作ってきた過去があります。

各国の住宅耐用年数
・アメリカは103年
・フランスは86年
・ドイツは79年
・イギリスは141年

日本は30年程度でしょうか。

そんな時代が続いてきた訳ですから、小規模住宅で、そもそも構造計算なんてやっても、当時の時代の流れからいって不自然だったのではないかと思います。
「一々構造計算なんかやってられるか!」って事でしょうか。

また消費者もそこまで住宅に性能を求めていなければ、それで良し。としていたのかもしれません。

でも、もうそんな時代はとっくの昔に終わっています。一般消費者の方も性能へこだわりが以前より増していると思いますし、業界も良い物を作って長く使おうと努力しています。

また今ある古い建物を改修する等して、有効利用する色々な手法も考えられています。最近流行ってる某リフォーム番組もその流れでしょう。




予想2
小規模住宅は数がたくさんあるので、詳細な計算をしなくても経験で安全を確認できる?

昔の住宅は大工さんが長年の経験と勘で住宅を建てていました。その経験は実は我々が机の上で計算して求めた答えよりも真実であるケースが少なくありません。


例えば、あるベテランの大工さんに、

「俺は、この町で、この仕事を50年やっている、地震も経験した、台風も来た、大雪も降った。でも俺の建てた建物は一棟も壊れていない。いや俺だけでない、俺に仕事を教えてくれた師匠の代からずっとだ。だからこのやり方で問題ない!」

こんな事を言われたら、私などグーの音もでませんし、しかもそれは真実です。

そして、その経験と勘は、まさに私たちが構造設計の現場で「工学的判断」と言っている言葉の中に生きています。


ただ・・・

そこまで経験のある大工さんが今現在どれだけいるでしょう。今の建築業界は効率化重視で機械化され職人の需要は減る一方。

しかも経験のある技術者に高い報酬を支払う習慣が浸透しているとは言えませんから、腕のいい大工さんは減少しています。

しかも、これだけ新しく色々な工法の建物が増え、複雑怪奇な形状の住宅が増えるなか、特殊なケースを全て職人の経験値だけで安全を担保できるかと言えば、非常に難しいと思います。

私たちも普段やっているタイプの建物の場合は計算などしなくても、ある程度柱や梁の断面がわかります。というかわからないと仕事になりません。

しかし、特殊なケースになると、構造計算をあらゆる角度から試設計し、自分の計算が間違っていないか?耐力的に問題はないか?など繰り返し計算を行い安全を確認するしかないのです。





私が予想する建築基準法上、構造計算をやらなくても良い理由は以上ですが、ここで実際の地震による被害を少し説明してみます。


■地震で死亡する可能性は住宅のほうが高い?

阪神大震災について▼
http://www.kozobiz.com/archives/02designer/000087.html

阪神大震災の時、死者は6000人を超えその80%以上が建物の下敷きになった事での死亡でした。そして一般住宅とビルや公共施設を比較してみると一般住宅の倒壊で死亡した方が圧倒的に多いという現実があります。

それは、地震発生時刻が5時46分という早朝だった事もありますが、そもそも住宅の耐震性がビルやマンションに比較して著しく不足していた事が最大の原因ではないかと思います。

住宅というのは、私たちが一番長く滞在する建物です。したがって時間的な確率からいうと、住宅の倒壊で死亡する可能性のほうが、事務所ビルや学校、公共施設よりも高いはずです。

しかし、構造計算のどんな基準にも
「公共施設・官庁施設は公共性が高いので設計地震力を大きく割増しなさい」
となっています。

でも、それってホントに正しい事ですか?

耐震診断も、今現在公共性の高い建物を中心に行っている傾向がありますが、実際に地震が来て国民が死亡する時は他でもない、あなたが今生活している住宅の下なのです。





ここまで読んで見てどうでしょう。今の建築基準法で一般住宅は構造計算不要というのは 「良い建物を作って耐用年数を長くしよう」 という今の時代に合わず、しかも過去の震災の被害状況を見ても住宅の耐震性能を軽視する理由などは一つもありません。

何かがおかしい事に気づきます。

いえ、これから家を建てる人、今現在非耐震の住宅に住んでいる人が気づいて自らがアクションを起こすべきです。今回の事件は一般の方々に建築構造・耐震構造をめぐる現状を知ってもらう、いい機会になってほしいと思います。



構造計算をしなければ構造計算の偽造はされません。では、

 ”構造計算を偽造された建物” と ”構造計算すらしていない建物”

あたなはどちらが良いですか?





追記
構造計算さえすればいいと言う意味ではありません。今現在、世界でもまれな地震国で生活するあなたに、今一度考えてほしくて書いてみました。

自分と家族の命、そして財産は自分で守る。これが基本だと思います。

追記2
手前ミソですが、こんなサービスもやってます▼よろしくです。
耐震構造計算サービスKozoWeb
業者向けサービスですが、一般の方でも全く問題ないです。

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

構造設計者不在の建築業界
最近、この事件のためか仕事が普段の倍くらいに増えてしまいました。おかげでブログは、ほったらかしですが、それでも一日数百人以上の方が訪れます。ホントにありがたい事です。

そして、数人の方にブログの更新が滞ってるとご指摘をいただきました。
これはまずいとアセって記事を更新する管理人です。


そろそろ計算書偽造の事件も落ち着くだろうと思っていると、新たな登場人物がひょこり現れてきて、また話題をヒッパルというか、なんというか・・・。

ぐちゃぐちゃの泥試合で見ている方は、だいぶストレスを感じていると思いますが、我々構造技術者はそんな事は気にせずに、やるべき事をやるのみです。

悪者探しは他の方々におまかせするとして。



今回の事件のおかげで

 ・建築物と人命の密接な繋がり
 ・建築物としての資産価値つまりお金

など考える時 ”耐震構造”とか”構造設計”という事が非常に重要になってくることに改めて一般の方には気づいていただいたと思います。

一般の方々にもっと構造について知ってもらうための情報を少しづつ書いてみます。


●構造設計者不在の建築業界

今回の事件で、みなさんが不思議に感じている事があります。それは、そもそも何で構造計算の偽造を見抜けなかったのか?という事です。

「それは業者側が意図的に見て見ぬ振りをしていたからだ!」

これは私には判りません。意図的なのかそうではないのか。ただ言える事は仮に意図的ではなかったにせよ、構造計算の中身はよくわからなかったのではないかと思います。

今回の売り主、建設会社、意匠設計事務所も、一応一級建築士事務所の登録をして、内部にはちゃんと建築士を雇って経営していると思います。

どの業者も建築士がちゃんといて、法的には全く問題なく営業しているのですが、いざ構造設計の事になると、どの会社もよくわからない。

小規模な設計事務所ならまだしも、年間数百億円も売り上げる会社がですよ?ちょっとそれっておかしいと思いませんか?



例のごとく、変なたとえ話をさせて頂きます。

総合病院があります。そこには当然のように整形外科もあるのですが、実は整形外科の先生がいません。

骨が折れて患者が来た時は整形外科医以外の内科医の先生が診察します。そして、患者が重傷で手術が必要になると、内科医の先生の手には負えないので、個人で整形外科を営んでいる、整形外科医の応援を頼みます。

そして整形外科医の先生は麻酔で眠っている患者の手術だけして「じゃ」と言って、すぐ帰ります。患者さんは眠らされていますので、整形外科の先生の顔も名前も声もしりません。

術後の診察は、また内科の先生が行います。患者さん不安で色々と医師に質問をしますが、内科の先生ですから的確なアドバイスはできず、適当に話をごまかされます。たまに診察を間違ったりするのはご愛敬です。



どうでしょう。こんな病院があったら嫌ですよね。でもこれが建築業界の現状です。”整形外科医”を”構造設計者”と読み替えて頂ければ良いと思います。

外注にたのむ事自体はなにも悪い事ではないです。いま流行りのアウトソーシングです。どんな業界でもやっています。でもその内容をチェックするシステムがない事に問題があります。

そして、こう言った現実は今回の事件に関係している業者だけで無く、建築業界の全体にあてはまってしまいます。構造設計の技術者を内部に持っている会社はホントに少ないのです。

つまり、構造設計という建物の根幹に関わる部分を外注に出しておきながら、一般消費者に対して直接責任のある業者には、その構造に関わる内容を自らチェックする能力がない。

技術者が内部にいないのですから、チェック出来ないのも、不正が見抜けないのも当たり前です。

確認審査も同じです。構造設計を知っている、経験のある技術者がいないのですから不正があっても、ミスがあっても見抜けません。


私が外注に仕事を発注するとしたら、構造計画や重要な設計方針など、構造設計の基本的なストーリーは私自信で決め、外注先の構造設計者に指示を出し、中間報告なども受け、最終的にあがってきた仕事の内容を自分で確認します。

経験がある技術者であれば、みな出来る事ですし、普通の構造のできる設計事務所はそのようにしていると思います。

しかし現実には、一般消費者と直接繋がりのある会社で、それが出来る業者は一握りです。我々構造屋さんはオーナーさんから仕事を直接頂く事はほとんどありませんし。

どうしてこんな事になってしまったのでしょうか?実は私も良くわかりませんが、私がこの業界に入った時からずっとこうでした。

だからこそ、我々のような形態の構造専門の設計事務所が商売として、成り立っているとも言えるかもしれません。

骨を折ったら整形外科医に見てもらいましょう。建物の構造の事は構造設計の専門家に相談しましょう。当たり前の事が出来ていない建築業界のお話でした。

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。